事業紹介

広島菜漬センター

広島の冬の味覚を代表する特産物「広島菜漬」

 広島の冬の味覚を代表する特産物「広島菜漬」。最大の広島菜栽培地である川内地区をはじめとした安佐南区管内の農家により契約栽培された原菜をもとに、JA広島市広島菜漬センターにおいて丹念に漬け込みを行っております。 毎年好評を得て、地元広島市をはじめ全国各地への発送によりたくさんのご家庭でご賞味いただいております。季節の食膳として、またご贈答・ご進物にJA広島市の「広島菜漬」をぜひご用命ください。

 なお、年中ご注文を請けたまわっておりますので、お近くの各支店窓口、または広島菜漬センターまでお申し付けください。

広島菜漬センター 広島菜漬センター
管内の安佐南区川内地区は、広島菜の伝統的な産地として130年の歴史を誇ります。 「食の安全・安心」を基本として平成18年10月に施設を改修。
ページトップへ戻る

食の安全・安心への取り組み

 当JAでは、農家・生産者のみなさんに対して適切な生産基準に基づき農業生産を行う「生産工程管理」について周知・徹底を図り、生産工程管理を通じて、食の安全・安心に努めております。

 広島菜漬センターにおいても、食の安全・安心の一環として、広島菜漬において製造工程管理をシステム化(製造工程のトレーサビリティシステム)し、協定書により農家・生産者のみなさんと一体となって運用に取り組んでおります。このシステムは、原材料と作業工程、そして販売先を常に把握し、万が一の場合は、対象となる商品とその所在、その原因を迅速に特定できる仕組みとなっております。

 現在、このような商品に関する情報提供は電話対応としておりますが、将来的にはパソコン・携帯電話によりご覧いただくことができるシステムとし、商品の安全性・透明性を明確にし、より安心してお買い求めいただけるようにする予定です。

  JA広島市並びに広島菜漬センターの食の安全・安心への取り組みについてご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

ページトップへ戻る

お問い合わせ

JA広島市 広島菜漬センター

〒731-0102 広島市安佐南区川内5-21-8
TEL:082-877-4194
FAX:082-877-1600

ページトップへ戻る